インプラントや矯正治療は医療費控除を活用!デンタル・アドバイザー

歯医者

現在の矯正歯科治療

矯正歯科治療の問題点

treatment teeth

日本人は欧米人に比べると、歯の見た目に関心がないとされてきました。しかし、その状況も変化し、今では歯の見た目を気にする日本人も増えています。 そうなると当然、矯正歯科治療の需要が増えることになります。ただ、矯正歯科治療は、大きな問題を抱えています。矯正歯科治療において、歯に矯正装置を装着することは必要なことですが、その矯正装置が目立ち過ぎることが問題なのです。 目立つ矯正装置を装着すれば、否応なしに口元は注目されることとなります。その視線を感じることが嫌で、矯正歯科治療を受けないという人もいるのです。 しかし、この問題は解決されつつあります。今の矯正装置は、目立つものばかりではないのです。ですから、今後、更に矯正歯科治療の需要は増えることが予想されます。

改善された矯正歯科治療

目立たない矯正装置というのは、金属以外の部品を使用している矯正装置です。色は透明、あるいは歯に似た色をしています。ですから、従来の矯正装置に比べて、格段に人目につかないのです。 究極は、裏側矯正です。裏側矯正とは、その名称が示すとおり、歯を裏側から矯正する治療法です。従来、矯正装置は歯の表側に装着するものでしたが、歯の裏側に矯正装置を装着する治療法が裏側矯正です。裏側矯正は、通常の生活をしている限り、矯正装置が見えることは一切ない治療法です。 ただ、裏側矯正を行っている歯医者の数は、まだまだ少ないのが現状です。しかし、矯正歯科治療のウイークポイントを見事に改善している治療法ですので、今後、治療を行う歯医者は増えることになるでしょう。